胡蝶蘭をオフィスに長く飾るためには


会社の起業祝いや移転祝いなど、お祝い事で受け取った胡蝶蘭をなるべく長く楽しみたいと思っている人が多いのではないでしょうか。実際に胡蝶蘭は簡単に枯れることは少なく、お手入れ方法によっては、1カ月から2カ月ほどは飾っておけることもあります。しかし、お手入れを間違えてしまうと、それよりも短い寿命になることがあります。長く飾っておくためにも、ここでは保管方法について説明します。

ジョーロ大切なことは置き場です。基本的には、カーテン越しの光が当たる場所に飾っておくといいとされています。その場合、室温は15度以上で風通しを良くしておきましょう。逆に温度が低い場所を選んだり、エアコンの風などが直接当たる場所を選んだりすると劣化が早くなってしまうので注意が必要です。

胡蝶蘭の水やりについてですが、基本的に毎日水やりを行う必要はありません。胡蝶蘭は7日から10日に1回程度水やりを行うことで、寿命も長くなると言われているので、水やりの頻度なども考えておくといいでしょう。また、水やりを行う際、受け皿に水が溜まってしまうことがあります。溜まったままだとカビなどが発生し根腐りの原因になるので、こまめに水を取り除くなどしておきましょう。


胡蝶蘭の贈り方について知っておこう


法人用として胡蝶蘭を贈るのが取引先などの場合には、失礼がないようにしなければなりません。しかし、初めて贈るというときにはどのように贈ったらいいのか不安な気持ちになることもあるでしょう。失敗しないためにも、事前に贈り方について調べておいた方がいいでしょう。ここでは、法人用として胡蝶蘭を贈る時に知っておきたいことについて説明をします。

胡蝶蘭まず、贈るタイミングについてです。お祝いをする当日に用意をしても問題ありませんが、開業祝いや移転祝い、開店祝いなどのときは当日忙しくなることが予想されるので、このような場合には焦らないためにも前日には用意をしておいた方が安心でしょう。

続いて胡蝶蘭の色についてです。胡蝶蘭にはいくつか色の種類がありますが、どの色を選べばいいのかわからないという場合には白色を選ぶといいでしょう。白色は清らかで綺麗な印象を与えることができます。お祝い事で選ばれることが多い色なので、迷っている場合には白色を選択するといいでしょう。

その他にも予算についてですが、法人用として贈る際の相場としては1万円から5万円となっています。大きさなどでも価格は異なるので、よくわからないという場合には相場を調べるといいでしょう。


胡蝶蘭が法人用として選ばれる理由


女性胡蝶蘭は、主にお祝い事として贈られることが多くなっていますが、その中でも店舗の開店祝いや、事務所の移転祝いなどといった法人用として胡蝶蘭を贈る方が多くなっています。人気なのには理由があるので、ここでは法人用として選ばれる理由について説明します。

胡蝶蘭が選ばれる一つ目の理由に、縁起がいいという理由があります。花にはそれぞれ花言葉がありますが、胡蝶蘭には「幸せが飛んでくる」という花言葉があります。この花言葉は縁起がいいため、プレゼントとしてふさわしく、お祝い事には選ばれることが多くなっているのです。

続いて、法人用として選ばれる二つ目の理由に、豪華だという点があります。贈り物として準備する花は、見た目が豪華なことも大事ですし、贈るポイントとして考えている方も多くなっています。胡蝶蘭は大きなサイズを用意することも可能なので、見た目にもインパクトが与えられ、受け取った相手も嬉しい気持ちになることが多いでしょう。お祝い事で豪華な印象を与えたいと思っている人は、見た目が豪華な胡蝶蘭をプレゼントするといいでしょう。

三つ目の理由として、香りや花粉などがあまりないことが挙げられます。人によっては、香りや花粉に敏感な方もいるでしょう。当然花によって、花粉や香りの量は異なりますが、胡蝶蘭は花の中でも特に花粉や香りが少ないと言われています。ですから、ニオイが気になる飲食店などへのプレゼントとしても向いているのです。


カレンダー

2018年4月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の投稿

参照サイト