胡蝶蘭をオフィスに長く飾るためには


会社の起業祝いや移転祝いなど、お祝い事で受け取った胡蝶蘭をなるべく長く楽しみたいと思っている人が多いのではないでしょうか。実際に胡蝶蘭は簡単に枯れることは少なく、お手入れ方法によっては、1カ月から2カ月ほどは飾っておけることもあります。しかし、お手入れを間違えてしまうと、それよりも短い寿命になることがあります。長く飾っておくためにも、ここでは保管方法について説明します。

ジョーロ大切なことは置き場です。基本的には、カーテン越しの光が当たる場所に飾っておくといいとされています。その場合、室温は15度以上で風通しを良くしておきましょう。逆に温度が低い場所を選んだり、エアコンの風などが直接当たる場所を選んだりすると劣化が早くなってしまうので注意が必要です。

胡蝶蘭の水やりについてですが、基本的に毎日水やりを行う必要はありません。胡蝶蘭は7日から10日に1回程度水やりを行うことで、寿命も長くなると言われているので、水やりの頻度なども考えておくといいでしょう。また、水やりを行う際、受け皿に水が溜まってしまうことがあります。溜まったままだとカビなどが発生し根腐りの原因になるので、こまめに水を取り除くなどしておきましょう。